御茶義理の人の似非ブログ

-「御茶御茶からの新着情報ろぐせえぶ」-

☆普通の新着情報に戻る
☆西瓜料理
☆セーフコフィールド
☆アンコールワット
☆[ポルトガル]マディラ
☆AirH"プラン選択


☆新着コメント

20000501(cialis)
20000501(rington)
20060303(mandm)
20060108(Yuumi)
20060108(ばか)

☆リンク
☆連絡先
  • mixi
  • skypeID( GochaGiri-の人 )
    のを no に変換
    人を hito に変換

知床ネイチャーガイドは良いよ

2005/09/24
 さて本日も 6 時起きです。ただ、今回は了承済みの 6 時おきなので気分は悪くありません。というのも、本日は知床ネイチャーガイドに申し込んでおきましたので、ネイチャーガイドで知床五湖やその他名勝を見ることにします。
 朝食は質素だけど釧路よりは良い味付けのバイキング。こっちのバイキングも冷凍って味はせず、作りたての和食でした。ただ、やっぱり日本のホテルでフレッシュフルーツジュースなんてのは飲めませんね。そんなに歩かないかなあと思ったので、朝食は普段より控えめに。
 知床ネイチャーガイドバスは 8 時に到着。早速乗り込んで、はじめの目的地であるフレペの滝へ。知床は世界自然遺産に指定されているのでてっきり昔ながらの原生林だと思っていたのですが、実際にはここの周りは明治時代に開拓された跡地で、放棄されて何年もたつので木が生い茂ってきているそうです。そしてここで聞いたのですが、熊笹の本当の名前はクマイササ( 九枚笹 )だそうです。理由は、最大一つの根本から九枚の葉が出るからだそうです。熊が食べるから熊笹というのは、あとからつけられたお話みたいです。あと、北海道といえば白樺林というイメージですが、白樺は寿命が短く 150 年ぐらいしか生きられないので、はじめに育つ木だそうです。とど松などの林が古い山で、知床には今、フレペの滝周辺に防風林として当時に残された部分しか残っていないそうです。
 フレペの滝を見学し、知床自然センターを見た後で、次は知床五湖です。本日は夜行性であるエゾシカを行くまでに 10 頭ぐらい見ましたが、ヒグマは残念ながら出会うことが出来ませんでした。
 さて知床五湖には 50 台ほど停車できる駐車スペースがあるのですが、なんと着いた 10 時の時点で入場まで 1 時間 30 分待ち。これは私たちも人のことが言えないけど、世界遺産に登録された弊害だね。ちなみに観光バスは横を通してもらえますので、問題なく行くことが出来ました。みなさんも是非とも知床五湖へ行く場合は、マイカーではなくネイチャーガイドバスもしくは定期バスを利用しましょう。
 さて知床五湖ですが、とても綺麗です。元々何も魚が住んでいない土地のため、透明度が高く、本日は昨日の雨から一転、雲一つ無い快晴となり、羅臼岳も一望できます。ただ人がべらぼうに多い。尾瀬より多い。これはさすがに自然遺産がつぶれると思いますわ。これからもこれが続くなら、完全にマイカーを閉め出して、バスのみの運行にした方がいいと思うなぁ。帰りに運良く、オジロワシが飛んでいるのも見ることが出来ました。とても大きく優雅に飛んでおりました。これでヒグマ以外は全部出会えました。知床五湖は第二湖までの散策でしたが、それなりに堪能できました。今度は自分で行って五湖全体を回りたいです。終わった後に食べた、こけももハスカップソフトクリームがおいしかったです。
 思い残すは、カムイワッカの滝ですね。今年は一週間違いでシーズンを逃してしまいました。現在夏期に運行されるシャトルバスでなければ行けません。
 さてホテルに帰ったところで教えてくれたのですが、北こぶしが出来るまで知床プリンスが一番のホテルだったそうで、皇太子妃も泊まったことがあるそうです。その記念植樹が植えられてありました。
 時間がないので着くと同時に早速自家用車に乗り換えて、知床峠へ。本日は本当に天気が良く、日本固有の領土である北方四島や知床岳がすっきりと見え、最高の日です。
 そして一路、網走へ。本日のフライトは女満別からです。途中オシンコシンの滝へもう一度寄って写真を撮りました。今度は人物も入れて綺麗に撮ることが出来ました。
 それから一気に網走へ。今度も一直線ですので一気に行きたいところですが、前にとろいバスとトラックが居ましたので、抜けずにそのまま 30Km ほど走ったところで、あまりにもいらいらしたので一気に 5 台ほど抜かしました。90Km/h ぐらいでしたので、警察が居たら引っかかっていましたね。
 そんなペースで走りましたので、網走には予定より 1 時間ほど早く到着。クーポンのある網走海鮮市場に寄りましたが、あまりの悪い品揃えにげんなり。2000 円分のクーポンはすべて鮭とばに変わりました。地ビールも売っていない観光みやげ店なんて使い物になりません。
 そして念願の網走ビール館へ。意気揚々と行ったのに、閉店。なんでやねん。北海道は地ビールが多いのに、ビール工場に入られないところが多すぎる。
 仕方ないので空いた時間で、行きたかった網走監獄博物館へ。今回行った目的の一つがここだったので満足。ただ、まああまり期待するほどのものではなかったなあ。時間が 30 分しかなかったので駆け足で見たってのもあったけど、結局当時のを再現しているだけで、そんなにおもしろいと感じるものでもありませんでした。まあ、とはいえ行く価値はありました。いや、本当は監獄飯を食べたかったのですが……。なんか今回の旅は、食べ物に見放された旅だなあと感じます。
 そして女満別空港へ。空港でやっと地ビールが売られていたので、全種類購入。地ビール四種類と、ほたてエキス、昆布エキスが入った発泡酒が二種類。会計時に JALEX の割引券を持っていたので安くなってやったぁと思ったら、買ったお菓子などを含めて安くなったのは、六花亭のお菓子とチーズだけで、なんやねんそれって感じでした。一部商品を除きますってかかれていますが、一部商品しか使えませんと訂正するべきだと思いました。
 ボディチェック後、ボーディング直前にサッポロクラシックを購入しました。で、そのときカウンターを見ると、網走ビールの生とサッポロクラシックの生が売られていたよ。ものすごい呑みたかったけど、後ろ髪を引かれながら後にしました。うー、食い物に見放されてるよ。
 飛行機の中では、購入したチーズと、サッポロクラシックとホタテ入り発泡酒を飲みました。ホタテ入り発泡酒は変わった味でおいしいとは言えないけど、おもしろい。本当にホタテの味がするんですよ。これはおみやげに最適だなあと思いましたが、後の祭り。いろいろ地ビールが作られておりますが、これぐらい特色を出したおもしろいビールを造ってほしいと思いました。二杯呑んだので関空までぐっすり。
 関空に到着して、夕食を食べるために三階へ移動しようと思ったのですが、関空って三階にカートが入られないんですね。これだけ利用していて、今気づきました。エレベーターは止まらないし、エスカレーターにはもちろん乗られない。これでは、三階( レストラン、小売店街 )が活気づくわけが無いと思いました。もう少し利便性を考えてもらいたいと思います。ちょっと三階のレストランがかわいそうになりました。必然的に二階のレストランしか行けません。
 行ったのはうどん屋。体が冷えていたので、あったかうどんがおいしかったです。
 帰りは空港急行の方が早いのに、券を持っているからと言うことで乗変をしてラピートで、なんばまで行きました。朝鮮人はじゃかましいなあ。やつらはじゃますぎる。
 なんばからはタクシーで帰りました。割り増しなのに 2000 円かかりませんでした。なんばからの最安値だったかも。
 本日の気分:知床ネイチャーガイドは良いよ:0 時間( 計 0 時間 )

コメント

お名前
コメント
2005 年 09 月

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

普通の新着情報に戻る

最新に戻る

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

ログ
19989101112
1999123456789101112
2000123456789101112
2001123456789101112
2002123456789101112
2003123456789101112
2004123456789101112
2005123456789101112
2006123456789101112
2007123456789101112
2008123456789101112
2009123456789101112
2010123456789101112
2011123456789101112
2012123456789101112
2013123456789101112
2014123456789101112
2015123456789101112
2016123456789101112
2017123456789101112
20181234567891011


NY oil
RSS feed meter for http://www.majo.co.jp/cosplay/blog.cgi